2008年07月29日

UIA(国際建築家連合)トリノ大会(イタリア視察その1)

現地時間6月29日から7月3日までの5日間、イタリアのトリノで開催されました。
大会は23回を向かえ、【建築を伝える】をテーマにおよそ1万人が参加しました。
日本からは、3年後に、東京大会開催が控えているため、200人近い建築関係者が参加、当社でもJIA(日本建築家協会)所属の社員が参加しました。
会期中は、トリノ市内で建築に係るイベントが多数開催され、また参加した当社社員は大会のイベントに参加するとともに、イタリアの著名な建築や文化に触れ、見聞を広めてきました。

<UIA2008トリノ大会参加と来たイタリア周遊8日間>

■1日目 移動 ミラノ着

ロシア上空 ミラノの路面電車 ミラノの路面電車(旧式)
■2日目 ミラノにて

【カサ・ルスティチ】視察
(ジュゼッペ・テラーニのミラノに於ける代表作)
IMG_0264.jpg

トリノへ移動
ヴェナーリア王宮にてオープニング式典

■3日目 トリノにて

【トリノのドゥオーモ】を視察
IMG_0737.jpg

【トリノの展示館】視察
(構造設計者ピエール・ルイジ・ネルヴィ作)
IMG_0517.jpg
IMG_0542.jpg IMG_0544.jpg

ミラノへ移動

【ミラノのドゥオーモ】を視察
(世界最大のゴシック建築)
IMG_1121.jpg IMG_1078.jpg

JIA(日本建築家協会)東北支部・九州支部合同視察団
IMG_0772.jpg


おまけ
posted by 構建築設計事務所 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月10日

市太郎の湯

秋保温泉街近くにある天守閣自然公園にある回遊式庭園の一角に『市太郎の湯』という日帰り温泉があります。
当社では、施主と打合せを重ね、自然公園の景観を十分に楽しむことが出来、ゆったりとくつろげる温泉施設を設計しました。
『市太郎の湯』では、内風呂と露天風呂があり、どちらからも自然公園の景色を眺めながら入ることが出来ます。
また、自然公園の中には足湯を設け、散策の間にも足湯でくつろぐことが出来ます。

H17.10.7.jpg toplight2.jpg yokusitu.jpg
gaikan2.jpg  

『市太郎の湯』へ起こしの際は『里山に残したい秋保の名木等』大募集に参加してみてはいかがでしょうか?
HR.jpg
posted by 構建築設計事務所 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月07日

みやぎ建築相談所

『あなたの住まい 悩みごと110番「みやぎ建築相談所」』は、(社)宮城県建築士事務所協会が主体となり、所属する会員事務所が一般の消費者の皆様からの様々な相談を受けるために設置された窓口です。
zk1.jpg
相談所には、青い看板が掲示されていますので、お近くのみやぎ建築相談所にご相談下さい。
また、チラシは各相談所、市町村の建築担当課窓口にて配布しています。
新築から、住宅の耐震診断、補強、リフォームの相談など様々に対応しておりますのでご活用ください。
posted by 構建築設計事務所 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月04日

定期報告制度

病院、ホテル、学校などの特殊建築物の調査や建築設備の検査については、建築基準法で定期報告が義務付けされています。

しかし、公共賃貸住宅、複合ビルでのエレベーター事故、遊園地の遊具における事故など、定期報告が適切に行われていなかったことにより事故が発生した可能性が指摘されているとおり、報告率はおよそ6割の低さになっています。
そのため、国土交通省は、報告率を引き上げることで安全性の不備を早期に発見し、安全性の向上を図るために、定期報告制度を見直し、2008年4月1日から法令上明確にされた判定基準と、報告内容を充実させた定期報告制度を行っています。
定期報告を怠ったり、虚偽の報告を行った場合には、ペナルティが科せられます。

不特定多数の人々が利用する建物での事故、地震や火災などでの災害を防ぐためにも、定期報告を行い、安全な維持保全が大切です。

定期報告については下記をご覧ください。
また、当社でも定期報告書の作成業務を行っています。

定期報告制度パンフレット

国土交通省/定期報告制度の見直しについて
宮城県/定期報告制度の改正について
宮城県/定期報告
仙台市/定期報告
posted by 構建築設計事務所 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月03日

耐震診断・耐震改修

6月14日の「岩手・宮城内陸地震」により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

このたびの地震において、当社でも応急危険度判定の要請を受け被災地へ赴き調査を行いました。
報道のとおり土砂等の山間地域の被害が多いものの、住宅も地震の影響がありました。
宮城県並びに各市町村において建物の耐震診断・補強等の支援制度が行われています。
耐震診断・耐震補強は、地震発生のときに住宅が倒壊するのを防ぎ、命を守るためのものです。
相談については、宮城県並びに各市町村、または耐震診断・改修のアドバイスについては当社でもお受けいたします。

国土交通省支援制度のパンフレット
リフォームのすすめ
耐震診断のパンフレット
カンタンな「耐震診断」だけで補強工事をしていませんか
仙台市戸建木造住宅耐震診断パンフレット
わが家は地震に大丈夫?

被災地には各都道府県から調査支援のために大勢の調査員が集まりました。
被災地では倒壊はみられませんでしたが、家屋の壁がはがれていたり、コンクリートやブロック壁などにヒビが入ったりしている箇所が見られました。
応急危険度判定 2.JPG
3.JPG 4.JPG
5.JPG 6.JPG
7.JPG
posted by 構建築設計事務所 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他