2008年12月22日

覗橋パーク竣工

当社で設計監理を行っていた覗橋パーク(店舗兼住宅)の竣工式が12月10日に執り行われました。

南外観
no-title no-title
東外観
no-title
西外観
no-title

no-title
駐車場
no-title

■全体計画について
土地収用法による移転計画のための建築 =道路計画により変化する空間構成=
道路拡幅のため建物後退の受動的立場から開始された。
用途及び大きさは既存のものを継承することを目標とした。既存階段室の活用・アルミサッシ・ガラスも出来る限り再利用した。よく見ると少しさびて白くにごっているサッシがある。
全体の構成は、@2階を3階のレベルにする。A5mキャンチレバーの宿泊部とする。
B素材は鉄とガラス+アルミとする。C@1200の倍数によるスパン割付(サッシ共)
D風の通るピロティとする。(覗橋からの景観で壁にならないデザインの採用)以上5つの項目をベースにデザインした。
 1階はピロティ・酒店・テナントカフェ、中2階は外部吹抜けと内部吹抜けそして階段室、
2階はロビーと宿泊室、3階は管理人室住宅、となっている。
ピロティにはメンテナンスのための橋がかかり、店舗入口の池にも秋保石で橋をかけた。

<店舗・ペンション>
ペンション看板
no-title
ロビー
no-title
階段
no-title
客室(洋室・和室)
no-title no-title no-title
バスルーム・シャワールーム
no-title no-title

テナント
no-title

店舗看板
no-title
店舗外観
no-title
店舗内の柱に使われている秋保石
no-title
3階住宅部分について
posted by 構建築設計事務所 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他